温めるのがポイント

温めるのがポイント

ぐっすり眠ってすっきり目覚められるのは理想的ですね。そうは言ってもこのような理想的な睡眠を取れない方が増えているのが現状です。睡眠薬に頼るまででもないし、かと言ってどうすれば…とお悩みの方にホットミルクの効果について知っていただきたいと思います。牛乳にはトリプトファンというアミノ酸が含まれているのですがこのトリプトファンは睡眠を司る成分である〝セロトニン〟に体内で変化する作用があります。そしてこの〝セロトニン〟が〝メラトニン〟という睡眠ホルモンの分泌を促し心地よい眠りにつながる、というわけです。十分な効果を得るためにはホットミルクを飲むことがポイントですから必ず温めてくださいね。

タイミング

さて、いつ飲むのが良いのか寝る直前か時間をおくのかは気になるところですが、就寝の1時間以内が理想的なようです。深部体温という体の内部の温度が低くなると眠りやすくなるのですが、ホットミルクを飲んで一旦温まった体から熱を下げることで眠気が誘われ安らかな眠りを促してくれます。さらに、トリプトファンという成分以外にもビタミンB12が豊富に含まれています。ビタミンB12は自律神経のバランスを整える働きをしてくれ、この働きも良い寝付きを助けてくれる役割を果たします。このビタミンB12は水溶性のビタミンBの一種で腸内細菌によって作られ、基本的に動物性食品にしか含まれていないそうです。この理由からもホットミルクに効果があることがわかります。1時間以内を意識して飲んで、効果を期待したいですね。
関連サイト

Article by Fiore

It seems like this author has no description. Add your discription/bio at user profile or disable this widget in theme customizer if you dont want to use it.